お知らせ

お知らせ

教育機関とパートナープログラム開始!

2017年3月15日

幼児・初等教育機関向け「そろタッチパートナープログラム」の募集を開始

EdTechの決定版、新!暗算学習法「そろタッチ」を開発する株式会社Digika(本社:東京都千代田区 代表取締役社長:橋本恭伸)は、2017年2月より、幼児・初等教育機関向けに「そろタッチパートナープログラム」をスタートしました。パートナー第1号のアフタースクールワイズ学芸大校では、2月よりトライアル授業を実施、4月からアフタースクールワイズ全11校で「そろタッチコース」を開講します。

そろタッチは、東京飯田橋・青山にある「かるトレ」ラボ教室にて、3年以上かけて400名以上の生徒、保護者、教室が一体となって開発された世界初の暗算学習法です。そろばんから進化したiPad上のタッチ式のそろばんに両手でタッチして毎日学習を進め、世界最速の暗算法の習得を目指します。 このたび独自に開発されたパートナー向けシステムにより、クラスやグループ全体の進捗が定量的に把握できるほか、クラス対抗ランキング、個人ランキング等、様々な機能により、ゲーム感覚で子供たちの暗算学習を促進することが可能となりました。 そろタッチパートナープログラムは、様々な分野で質の高いサービスを開発・提供されている幼児・初等教育機関様とのコラボレーションにより、STEM教育の土台となる「計算力の向上」と、幼少期からの「数字に対する自信と関心の獲得」を通じて子供たちの持つ可能性を最大限引き出すことに貢献してまいります。

そろタッチパートナープログラムへのお申込み・お問合せはこちらから
http://sorotouch.jp/contact/

※アフタースクールワイズ
http://www.afterschool-wise.com/

『iPadに両手でタッチ!世界最速のイメージ暗算が身につきます』
「そろタッチ」は、数を珠で思い浮かべ計算するイメージ暗算を短期効率的に身につけるアプリ教材です。そろばんから進化したタッチ式で、iPadに両手でタッチして操作します。動画で学び、ランキングやゲームなど楽しい機能がたくさん用意されています。飯田橋・青山の「かるトレ教室(ラボ校)」に通う400名以上の生徒の実績と、学習履歴データ分析による新しいカタチの暗算学習メソッドで、効率的にお子さまの学習をサポートします。

『幼少期の子どもたち向けのSTEM(理数)系EdTechです』 AI時代に生きる子供の世代を支えるSTEM教育の基礎となる算数。その算数で必須となる『計算力』を楽しく効率的に伸ばすことが目標です。「そろタッチ」には、そろばん2000年の歴史と、日本の珠算教室が持つ高い珠算技術と最新のテクノロジーを取り入れ、独自の学習プログラムを実装しました。 数を形でイメージし画像処理するイメージ暗算は、幼少期に習得すると、一生の財産となって残ります。 毎日30分、2年間の学習で、そろばん式暗算上級レベルの習得を目指しています。

「そろタッチ」は2年半の開発期間を経て、2016年10月より一般公開し、ネット生の受付を開始しました。 教室に通わなくても自宅で好きな時間に好きなだけ、自分のペースでそろばん式暗算を学習することができます。 2016年12月から東京大学生産技術研究所とAIを用いた学習履歴データの解析による「そろばん式暗算」学習プログラムの共同研究も行っております。
~そろばんから進化した暗算学習アプリ「そろタッチ」 特許技術を活用したEdTechの決定版!~
https://www.sorotouch.jp/

【株式会社Digika 会社概要】
名 称 :株式会社Digika
資本金 :5,300万円
代表取締役社長 :橋本恭伸
所在地 :東京都千代田区富士見2-11-14 内田ビル2F
設 立 :2009 年 6 月 19 日
事業内容 :「そろタッチ」を活用した暗算教室「かるトレ」運営
URL :http://sorotouch.jp/

【本件に関するお問い合わせ先】
企業名:株式会社Digika
担当者名:橋本恭伸
TEL:0363809192