会社概要

創業者の想い

代表取締役会長 山内千佳

子供の習い事はたくさんあるけれど、子供が成長し活躍する2030年、2045年、本当に役立ち、本人の自信につながる技術は何でしょうか?

私自身、習っておけばよかったなと思うのは、英語とそろばんです。 英語が日本語と同じように話せたら、もっと多くを知り、楽しみ、世界が広がったと思います。 そして、今の自分に上級の暗算力があれば便利だったと思います。ある程度の四則計算が暗算で出来れば、トレーニングにより様々なことに活用可能だからです。

IT社会だからこそ、ITに頼らない暗算力が大きな価値を生むと考え、そろばん教室を始めました。ところがそろばん経験がない私には、子供の暗算力を上手に伸ばすことが出来ません。子供が自分でアプリで学べるように開発したのが、iPad教材「そろタッチ」です。何百名もの生徒と保護者、そして教室スタッフが一体となり、ママ目線で子供の暗算力を伸ばすことだけに特化し、日々試行錯誤を繰り返してきました。毎日新たな発見があり、子供の持つ潜在能力、人間の可能性に驚かされています。

暗算は語学と同様に、目的ではなく手段だと考えます。適齢期に最適な方法で、短期間で効率的に身につけること。身についた暗算力を多くの場で活かし、多くの新しい体験をして活用範囲を広げること。暗算力をこれからの人生でたくさん活用できるよう、学習カリキュラムやアプリ仕様を常に改善しています。

そろタッチはこれからさらに大きく進化します。そろタッチで学習した子供たちが、自信を持って成長し活躍して、豊かで楽しい世界を築いてくれること、これが私にできる社会貢献だと考え、日々開発に取り組んでいます。